読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千葉の辺境のエンジニア

Perl中心に気になる事をいろいろと。Chiba.pmを立ち上げたいので、ここでも情報発信。

Chiba.pm #1 開催しました。の反省。

ようやく落ち着いたので、一人反省会。

 

10/20(土)に、Chiba.pm #1として開催しました。まずは、参加者の皆様ありがとうございました。今はやってよかったと感じます。

内容に関しては、参加した方々がブログに上げてくれているようですので、そちらを見て頂ければと思います。

Chiba.pm#1でLTしました。 - arveltの技術メモ
Chiba.pm#1に行ってきた。 - ほっけの足あと
Chiba.pm #1 に行ってきた ( #chibapm ) - WebService::Blog->new( user => ’hide_o_55’ )
Chiba.pm #1 に参加してきました - その手の平は尻もつかめるさ
Chiba.pm #1 に行きました - ああああ
Chiba.pm #1に行ってきました - 日々の覚書
Chiba.pm #1に行ってきた - YellowStore
Chiba.pm #1 に参加してきました - その手の平は尻もつかめるさ

では反省点

反省1.時間間違えた

会場に1時間前にきていろいろ機材を用意するつもりが30分前に到着。準備する時間がなくて、あたふた。会場のWAVE船橋校のマネージャーさんがある程度用意してくれてたので、助かりました。さらになんとか開始したもののいきなりマイクが入らなくなるというトラブル。壊れたのかと思いましたが、自宅で使ってみても正常。んー、なんか設定ミスってたのかな。時間に余裕を持たせればこんなことには…。

反省2.字がみえない

やっぱり30インチモニタだと後ろに座ってた人よく見えなかったようでした。プロジェクタつかって大きめに出すか会場のサブモニタ借りて表示すればよかったかな。

反省3.写真とってない、発表内容のメモ

すみません、司会でいっぱいいっぱいだったもので…。他の方がメモ取ってくれてたようなのでそれでご勘弁を。

反省4.時間計ってなくてグダグダ

5分って決めてたのに、時間はかってなかったです。発表時間1人大体5分に収まってたようなのでよかったのですが、LTに慣れるというところも含めてきちんと時間をみたほうがよかったかな。

いろいろと段取りが悪くて、改善しなきゃいけないところが多々ありますが、参加者の皆様のおかげで無事に終わったのかなと思います。

さて、なにやら、終了後、参加者の間でいろいろやりとりがあったような感じですが、Chiba.pm #2に向けて何か考えていきましょうか。

#1で出たネタが進んで発表してくれるといいなーと思いつつ、とりあえず、現時点では、日にち:2013年1月某日、場所:未定です。

Amazon EC2(Amazon Linux 64bit)にnginxをインストール

バージョン1.0.xx系であればAmazonのリポジトリに登録されているので、yumでインストールすることが可能です。

今回は、本記事掲載時点での最新stableである1.2.4を対象としています。
おそらくnginx公式サイトから、rhelのRPMパッケージを持ってきてインストールしても動くと思いますが、ここでは、SRPMSからコンパイルしていきます。

※rpmbuildが既に使用可能になっている場合は飛ばしてください。

$ sudo yum -y install rpmbuild 
$ mkdir $HOME/rpmbuild/{BUILD,SRPMS,SPECS,SOURCES,RPMS}
$ echo '%_topdir %(echo $HOME)/rpmbuild' > ~/.rpmmacros

nginx公式サイトから、SRPMSパッケージをダウンロードします。

$ cd rpmbuild/SRPMS/
$ wget http://nginx.org/packages/rhel/6/SRPMS/nginx-1.2.4-1.el6.ngx.src.rpm

コンパイルに必要なライブラリをインストール、nginxをコンパイルします。

$ sudo yum -y install zlib-devel pcre-devel openssl-devel
$ rpmbuild --rebuild nginx-1.2.4-1.el6.ngx.src.rpm

コンパイルが完了すると、$HOME/rpmbuild/RPMS/x86_64 に nginx-1.2.4-1.amzn1.ngx.x86_64.rpm が生成されているはずです。

$ cd $HOME/rpmbuild/RPMS/x86_64
$rpm -ivh nginx-1.2.4-1.amzn1.ngx.x86_64.rpm

とりあえず、インストールが完了するはずなので、nginxの設定を変更後、起動して完了です。

$ sudo service nginx start

Amazon EC2(Amazon Linux 64bit)にdaemontoolsをインストール

最近インストール回数が増えて検索するのが面倒になってきたのでメモ。

 

Amazon EC2(Amazon Linux 64bit)にdaemontoolsをインストールする。(CentOS6系でも同じ)

・インストール先をデフォルトの/commandでなく、/usr/local/binへインストールする。

 

$ cd /usr/local/src
$ sudo wget http://cr.yp.to/daemontools/daemontools-0.76.tar.gz
$ sudo tar zxvf daemontools-0.76.tar.gz
$ cd admin/daemontools-0.76

そのままコンパイルしても失敗するので、パッチをあてる。

$ sudo wget http://qmail.org/moni.csi.hu/pub/glibc-2.3.1/daemontools-0.76.errno.patch
$ sudo patch -p1 < daemontools-0.76.errno.patch
$ sudo ./package/compile
$ cd command
$ sudo vi svscanboot

/commandになっているところを/usr/local/binに変更する

#!/bin/sh
# WARNING: This file was auto-generated. Do not edit!

PATH=/usr/local/bin:/usr/local/sbin:/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin:/usr/X11R6/bin

exec </dev/null
exec >/dev/null
exec 2>/dev/null

/usr/local/bin/svc -dx /service/* /service/*/log

env - PATH=$PATH svscan /service 2>&1 | \
env - PATH=$PATH readproctitle service errors: ................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

$ sudo install -o root -g root -m 755 -s multilog /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s pgrphack /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s readproctitle /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s setlock /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s setuidgid /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s softlimit /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s supervise /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s svc /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s svok /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s svscan /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s svstat /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s tai64n /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 -s tai64nlocal /usr/local/bin
$ sudo install -o root -g root -m 755 svscanboot /usr/local/bin

$ cd /
$ sudo mkdir /service

$ cd /etc/init
$ sudo vi svscan.conf

start on runlevel [12345]
respawn
exec /usr/local/bin/svscanboot

$ sudo initctl reload-configuration
$ sudo initctl start svscan
svscan start/running, process 2740

ps -aef | grep svscanなどでsvscanのプロセス確認
プロセスが上がっていればインストール完了

YAPC::ASIA 2012でChiba.pmの紹介させていただきました。

perl chibapm yapcasia

まずは、YAPC運営の方々、LTthonのHachioji.pmの面々をはじめ、スピーカー、参加者の皆様、お疲れ様でした。

 

振り返ってみると、2日間とも、ほとんどLTthon会場にいました。聴きたいトークもあったんですが、LTthonでLT聴いてたら、既にトーク終わるぐらいの時間になってしまったので諦めました。

聴けなかったトークがいつYoutubeにアップされるのかすごく楽しみです。

ずっとLTthonを見てて思ったのは、飛び入りで話したいって人が多かったことですかね。飛び入りってことは事前にスライド用意してたか、即席で作ったんだろうと思いますけど、みんな話したいこといっぱいあるんじゃないって感じました。

 

2日目の午後に行われたLTthonサブイベントの地域pm ミートアップで、Chiba.pmの紹介の場をいただけたので、簡単にですが、Chiba.pm立ち上げに関して発表させてもらいました。

 

 

各地域pmの代表の方々の話も聞かせていただきましたが、苦労してることもあるけど、いろいろ工夫して楽しんでるんだなーと感じました。

もっと地域pmが盛り上がって人と人とのつながりが拡がるといいですね。

 

最後に、地域pmを立ち上げるのは貴方次第。特別なスキルは要らない。自分の住んでる地域pmがなんでないのかなーと思ったら、作ってみるということも考えてみたらいいんじゃないかな?同じような考えをしている人はきっといるし、協力してくれると思います。

 

Chiba.pm #1 募集開始しました #chibapm

chibapm perl

Chiba.pm 募集開始しました。

http://atnd.org/events/32334

Perlに興味あればどなたでも参加可能です。

参加者大募集中です。合わせて発表してくれる方も大大大募集中です。

懇親会は、近くにあるお店を抑えますが、人数未確定なので、まだです。

Hachioji.pm #21に参加してきた / Chiba.pm #1日時、会場決定

perl hachiojipm chibapm

Hachioji.pm #21に参加してきました。今回、初参加。

f:id:kaztr:20120907042506j:plain

ほんとは、午前中?から行われていたハッカソンから参加したかったんですが、八王子に向かう途中、海ほたるで”あさり焼き”なるものを食べてたら、八王子に着いたのが16:30頃となってしまったので、諦めました。

f:id:kaztr:20120907042516j:plain

※見た目はたこ焼き。

 

で、本来の目的である本会はというと、なんというか、普通に飲み会の延長にLTがあったという感じです。最初「アレ?LTとかいつなの?」みたいな感じでしたが、ある程度料理を食べたあとに、LTが始まったのでこういうやり方もあるんだなーって参考になりました。

LTは、「Typo」というテーマを、みなさんいい感じに絡めてまとめてくるので、よくネタ思いつくなーとすごく感心しました。

 

私はと言うと、今進めているChiba.pm立ち上げに関しての経緯と現状を発表させていただきました。ということでHachioji.pmで発表しましたが、Chiba.pm #1開催日時と会場を決定しました。

日時:2012/10/20(土) 16:00〜18:00(予定。懇親会は別)

会場:WAVE船橋 (JR船橋駅からすぐです。)

まだ、内容に関して全く考えてないのですが、数日中にATNDにて参加者の募集開始をします。また、発表していただける方も募集しております。

Perl Beginners #4に参加してきた。

perl perlbeginners

f:id:kaztr:20120825233012j:plain

勉強会の詳しい内容に関しては、主宰の@ytnobodyさんのレポートを参照してください。

 

Chiba.pmをやろうとしているので、他の勉強会、交流会がどうやって運営しているのかなーって気になるので、参加させていただいたというのが本音なのですが…。

 

発表者からの質問に対して、いざ「説明できますか?」と話がでても、どうだったっけ?ってなって明確に答えが出てこないし、overloadに関しては普段全く使わないのでに全く忘れてる。

 

自分自身、基本抑えてる”つもり”でいたというのがわかって、このタイミングで再勉強できたのは非常によかったです。

 

懇親会のハワイ料理は、美味しかったです。知り合いから、ハワイ料理はお店によってかなり危険(いきなりフラ踊らされるとかなんとか…)と聞いていたのですが、全然そんなこともなく。

 

f:id:kaztr:20120825233415j:plain

懇親会の席で本来の目的だったChiba.pmに関して話をさせていただきました。

Chiba.pmを立ち上げるきっかけから、活動は勉強という堅いイメージよりも、交流の方に重点を置いていきたいなどなど。

Perl Beginnersを運営されている上での会場の確保や、設備の準備から告知まで、色々と聞けてよかったです。さらには、Perl入学式、Hachioji.pm、Hokkaido.pmの事まで聞けて、すごくためになりました。